ノートとペン

介護職員初任者研修はキャリアアップの初めの一歩?

誰でも気軽に受けられる介護職員初任者研修

介護の仕事は基本的に資格がなくてもできるものとなっていますが、やはりしっかりとした資格を身に着けることで、より責任ある仕事をすることができますし、スキルを磨いていくことができます。
そのため、介護の仕事を始めてから少しずつ資格を取得していく人がいます。
その手始めとして、多くの方が受けるのが介護職員初任者研修です。

この介護職員初任者研修は、介護のスキルとしては最初の段階に当たるもので、介護の基礎スキルを習得する事ができます。
ホームヘルパー2級に相当する資格となり、業務の幅を広げるのに役立ちます。
資格取得に当たっては、特に年齢制限や実務経験の縛りなどがないので、気軽に取れるのが魅力と言えるでしょう。

様々な活躍の場がある

資格がなくても介護施設などで働くことはできますが、やはりしっかりとした資格を持っていると、採用のチャンスが高まりますし、雇用条件もより良いものとなります。
また、活躍の場が広がるので、キャリアアップの初めとしては介護職員初任者研修などの資格を持っていると便利です。
介護職員初任者研修を受けていれば、無資格の人よりもできることが多くなりますので、介護事業所側でも前向きに採用しようという気持ちになります。

訪問介護の仕事は、一人で介護を行うことが多いという性質上、無資格だと業務ができないことがありますので、資格を持っていることには大きなメリットがあります。
また、介護施設でもいろいろな活動をするにあたって、研修で学んだことはとても役立ちますし、責任ある立場に置かれて幅広い仕事ができるのも利点です。
介護職員初任者研修を受けていると、基礎的な介護スキルがあると見られますので、医療機関でのケアの仕事をしたり、サービス業などでも高齢者を担当することができますので、就職の際のアピールポイントとなったりします。

最短1か月ほどで取得できる

介護職員初任者研修は、それぞれの自治体で定期的に行われていますので、自宅から近いところでも研修を受けられるという便利さがあります。
また、期間は最短で1か月くらいとなっていますので、ちょっとの準備期間を取れば、無理なく資格を取ることができますし、上手に時間をやりくりすれば、仕事をしながらでも研修を受けられます。

特に参加資格は決められていませんので、介護の仕事をこれから始めようとする人も大丈夫ですし、単に家族の介護のために学びたいという人でも構いません。
気軽に取れる資格ですので、キャリアアップの始めとしてこの介護職員初任者研修をチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。
将来につながる資格ですので、受ける価値が十分にあります。