介護職は求人も多い

数の多さにびっくり

介護の仕事をしたいために転職活動を始めました。
転職サイトで求人情報を集めようと思ったのですが、その数の多さに驚いたのを覚えています。
介護業界は人手不足であることは知っていたのですが、とにかくたくさんの求人が掲載されていました。

介護業界は離職率がとても高いため、すぐに仕事を辞めてしまう方がたくさんいます。
仕事を辞める人がいると、それを補充するために求人を出さなければいけないのです。
頻繁に退職者が出るために、ほとんどの介護施設では一年中求人を出し続けているような状態となっています。

もちろん、求人の数が多いからといって、簡単に採用されるというわけではありません。
介護施設の方でも、介護の仕事を真剣にやる気のある人材を集めようと必死になっています。
せっかく苦労して採用した人がすぐに辞めてしまったのでは意味がないからです。

求人情報を見ているとそれぞれの施設ごとに条件が大きく異なっているのが分かります。
そのため、どこに応募すればいいのか悩んでしまうことが多かったです。
自分が満足して働けるような環境が整っていることが最も重要です。

それだけではなくて、どのような仕事を任せられるのか、施設として将来性があるのかなども重要な要素でした、
それらは求人情報だけからはわからないこともあるため、実際に施設を見学したり、面接の際に質問をして疑問点を確かめることも必要でした。

介護職の求人の特徴

介護職の求人の特徴としては未経験者でも歓迎しているところが多いです。
もちろん、介護の仕事というのは簡単に誰でもできるものではなく、特別なスキルが要求されます。
そのため、介護の仕事の経験がなかったとしても、たとえば看護師や保育士などの方は採用に有利となることが多いです。

しかし、現在介護業界では人手不足が深刻な状況となっており、それを解消するためには経験者にこだわっていられるような状況ではありません。
たとえ介護職の経験がなかったとしても、そのような方を採用しないと人員を揃えることができないのです。
私はこのような介護業界の現状のおかげでSEから無事転職を成功させることができました。

施設によって給与設定はもちろんのこと、福利厚生や残業の有無なども大きく違います。
できるだけ色々な求人情報を比較して、自分が快適に働けるような職場を探しました。
求人情報に関してはインターネット上から集めるだけではなく、求人情報誌も活用しました。

転職活動ではとても苦労することがあったのですが、自分に最適な職場を見つけることができたため良かったです。
別の求人に応募してそこに採用されていたとしたら、また違った人生になっていたかもしれません。