履歴書

介護福祉士を取得したいです

キャリアアップの最終目標の一つ 介護福祉士

数ある介護関連の資格の中でも、よりレベルが高く介護スキルが確実なものとして証明される資格が、この介護福祉士です。
介護の仕事自体は特に何らかの資格がないといけない訳ではありませんが、介護福祉士の資格があれば、どの介護施設でも好待遇で迎えてくれますし、転職をするにしてもとても有利になります。
なにより、介護福祉士の資格を取るにあたっての準備をすることで、より介護のスキルを向上させることができますので、より良い仕方で人のために役立てるというメリットを受けることが可能です。

そのような意味で介護福祉士は、介護関連の資格の中では最終目標の一つとなるものです。
資格は国家資格なので、条件を満たした上で試験を受けて、合格する必要があります。
しっかりと準備して臨めばそれほど難度が高いわけではありませんので、チャレンジしてみる価値が十分にあります。

介護福祉士の試験を受けるにあたっての条件とは?

介護福祉士の国家試験を受けるに当たっては、いくつかの条件がありますので、まずはそれを満たせるようにしましょう。
一番簡単な近道としては、福祉系の高校で指定された課程をすべて修了しているというものです。
卒業してから何年経ってもこの受験資格が失われるわけではありませんので、介護の道で活躍したいと思ったら、前向きに検討することができます。

こうした学歴がない人にも受験する道が開かれていて、実務経験を重ねることで受験資格を得られます。
介護関連の仕事を3年以上行った場合に受験資格が得られますので、がんばって介護の仕事を続ければ介護福祉士の資格取得を狙えるようになります。
この実務経験の年数は、正社員として働かないといけないというわけではなく、指定の日数を経過していれば大丈夫ですので、パートタイムや派遣社員のような雇用形態でも問題ありません。

そしてこの実務経験に加えて、実務者研修を受ける事も受験資格の一つです。
数日間だけでの研修ですし、誰でも受けることができる研修ですので、早い段階で研修を受ける事ができます。

活躍の場がぐんと広がる

介護福祉士の資格を取ることで、活躍の場を大きく広げることが可能です。
現場のリーダー的な存在として、ヘルパーなどを指導することもできるようになります。
また、より良い条件で働けるようにもなりますので、安定した雇用を得られるというのも大きなメリットです。

介護の仕事をずっと続けていきたいと思うのであれば、それほど苦労することなく取れる資格ですので、資格取得に向けて努力してみましょう。
介護関連の資格は年々難度が高くなっていく傾向にありますので、早めに取った方が有利です。